Design Studio コノハナ

たまごふわふわ

おはようございます。

だいぶ、朝は冷え込むようになってきましたね。

そろそろ、暖房の準備もしておかねば。

 

 

さて、今朝は「たまごふわふわ」を作りました。

たまごふわふわってなんぞや?と思う方も多いかと思いますが

私もその一人σ^_^;

 

なんと、この聞き慣れない料理「たまごふわふわ」

起源は江戸時代まで遡り、東海道の袋井宿大田本陣で

朝食に出されていたと言われています。

新撰組の近藤勇の好物だったとも言われているそうです。

 

江戸時代は、高級料理として認識されていて、

一握りの人しか食すことのできなかったとのこと。

最近の料理かと思いきや、歴史ある料理だったんですね。

 

 

さてさて、作り方はというと…

【材料】(一人用土鍋1つ分)

  • だし汁…200ml(鰹節と昆布でとった出汁です)
  • 卵…1個
  • 醤油…小さじ1
  • みりん…小さじ1

 

まずは、だし汁作り。

めんつゆや顆粒だしでズルしようと思ったけれど

ここは、ちゃんと出汁をとりました!!!

 

分量のだし汁を土鍋に入れ、醤油とみりんも追加して火にかけます。

だし汁

 

 

火にかけている間にメレンゲ作り。

ハンドミキサーを使うとあっという間です。

昔の人は、泡立て器もなかっただろうに

どうやってメレンゲ作っていたのだろう?

メレンゲ

 

 

持ったりしてきたら卵黄追加。

 

卵黄と卵白が均一になったら、土鍋の火を止め、

メレンゲを加えて、土鍋の蓋をします。

15秒蒸らして完成。

 

最後に、三つ葉を添えて。

 

これは、不思議な食感!!!

初めてな感じです。ホント、ふわふわ。

これは、絶対に鰹節と昆布でちゃんとだし汁を取った方が

美味しいと思います!!!!

 

これだけでも美味しいけど、ちょっと物足りない人は

鶏肉とかお野菜入れてもいいかも。

茶碗蒸しに入れるようなものなら合いそうです。

 

メレンゲやだし汁をとるのには

ちょっと手間はかかりますが、あとの工程は超簡単。

卵一個なのに、かなりのボリューム感。

なんかわからないけど、

これ食べてたらお腹いっぱいになってきちゃった。

 

メニューの変り種にダイエットや介護食にも良さそうですね。

おすすめ